ウクレレを弾く人達


■私の好きなウクレレ・プレーヤー

 はっきり言って、良く知らないんです。私が師と仰ぐのは、チチ松村氏です。ただ、この人は純粋なウクレレプレーヤーでは無いですよね。ギターを弾く人です。でも、この人にはウクレレが似合います。映画『無能の人』のサウンドトラックがCDになっていますが、これは1度は聞く価値があると思います。ウクレレってハワイアンとか、『あ〜やんなっちゃった』のイメージが強いのですが、それだけをやっていると勿体無いです。

 あと、ハーブ・オオタ氏は言うまでもなくウクレレの神様と言うべき人です。と言っても私も良くは知りません。正直言って、この人の真似をするのは並大抵では無いです。私もコピーをしようと思っていますがはっきり言って難しいです。

 ウクレレって、実はそんなにレパートリーが広がらないんですよね。ハワイアンから入る人も多いと思うのですが、実際にはハワイアンが好きな人って限られてるような気がするし。もちろん、ハワイアンって根強い人気があると思うのですが、少なくとも私は知らないです。では、ハワイアンを抜きにして、どうウクレレのレパートリーを広げて行くかって言うのは難しい問題があると思います。

 もちろん、歌伴に使って弾き語りとかって言う目的なら、いろいろ使い道があります。しかし、私としてはソロ楽器として使う方法を模索したいです。ですから、ハーブ・オオタは避けて通れない(笑)。

 あと、『ウクレレ・カレンダー』って言うCDが出ています。これもお勧めです。関口和之(サザン・オール・スターズの)がプロデュースしています。私はこの中の『ウクレレ・クリスマス』(作詞・作曲/山口岩男)と言う曲が大好きです。




Index | Prev | Next