ウクレレという楽器のこと


■ウクレレって?

  一言で言うなら、ウクレレって言うのは今時珍しく、アバウトと言う言葉が通用する楽器です。とにかく、ラクチンなんです。とにかく、気持ち良いんです。とにかく、能天気なんです。私はもともと、ギターを弾く人だったのですが、ホンの遊び心で弾きはじめたウクレレがとても好きになってしまいました。

  ギターってね、メジャーでしょ。で、それを志す人も多いと思うのですが、私の周りにも(私も含めてですけど)、志し半ばにして挫折してしまう人が実に多い様な気がします。まさにウクレレってそういう人にお勧め出来る楽器かもしれません。ギターではFのコードが押さえられなかった人も、禁じられた遊びが弾けなかった人も、手が小さいって悩んでた人も、気にすることはありません。すぐにウクレレがどっかに連れていってくれます。




■ウクレレと言う楽器の事

  ハワイの民族楽器ですよね?

  いや、私もそうなんだろうとは思ってましたけど。でも、私もハワイには未だに行ったことが無いし。日本でウクレレと言うと、‘まきしんじ’が有名ですよね、私は正直に言って、良く知らないんですけど(世代的にね、ちょっと違うと思ってます)。最近では‘高木ブー’も有名みたいですね。どっちにしても、私は良く知らないです、この人たちがどういう人たちかって言うことは。勉強不足で申し訳ないです。

  で、ウクレレって言うのは、普通は弦が4本です。ちなみに私の嫁はウクレレとマンドリンの区別がつきませんでした。で、普通じゃないウクレレって言うのもあって、弦が6本とか、8本とか張ってある物もあります。ちなみに弦が10本のウクレレも存在するらしいですが、私は見た事がありません。たぶん、そんなものを持ってる人は少ないと思いますけど。

  8弦のウクレレと言うと、そんなにたくさん押さえられないってよく言われます。でも、心配しなくてもいいです。6弦とか8弦とかって言うのは、弦が複弦になってます。要するにどちらも、4コースで1つのコースに2本弦が張ってあるって言うだけです。ちなみに、6弦ウクレレって言うのは1コースと3コースが複弦で、2コースと4コースが単弦になってるって言う、変な楽器です。普通、そういうのを聞くとイビツって思うんですが物好きな人も居て、私の友人にも6弦ウクレレを衝動買いした人がいます。




■さらにウクレレという楽器のこと

  まず、私が使ってる楽器からですが。フェーマスの安いウクレレを1本。それと、セニーザの8弦ウクレレを持っています。8弦ウクレレって言うのは実に心地よい響きがします。

 しかし、ウクレレって言うのは不思議な楽器で、大概はチューニングがあいません。まあ、楽器自体が小さいのでショウが無いのかも知れません。まあ、極端にチューニングがあわないと気持ち悪いのですが、ちょっとぐらい狂っていてもそれはご愛敬かもしれないです。まあ、買うときには、出来るだけ沢山弾いてみて音程の良い楽器を選ぶことをお勧めしますけど。




■もっとウクレレという楽器について。

 ウクレレには弦の本数以外に、スケールの違いでさらに数種類あります。

 普通に売っているウクレレは、ソプラノ・ウクレレと呼ばれるものです。それ以外にコンサート・ウクレレ、テナー・ウクレレと言う種類があります。これらは、ソプラノと音程は同じですが、弦が長いです。その外にバリトンとかもありますが、これはチューニングが違いますし、あまり一般的では無いようで、私も見た事がありません。

 で、結論を言うと、弦が長い方が良いと私は思います。もし、ハーブ・オオタを目指したければ、コンサート・スケールのモノを買いましょう。テナーでも良いと思います。弦が長い方が音程も良いし、サスティーンも長いです。


Index | Prev | Next