13'th、 KoAlohaへ行く



 ハワイへは以前から行きたかったのですが仕事の都合とか色々でやっと行けたっていう印象なのですが、その割にはたいした計画性もなくとりあえず行ってみようって感じで。ワイキキに行くとオプショナルツアーとか色んなパンフレットを貰うのですが、その中にウクレレ工場見学ツアーみたいなのがあったので電話で聞いてみたらKoAlohaの工房へ連れていってくれるっていうので早速申し込みました。ツアーの企画をしているのは Ukulele PUAPUA というお店です。

koa0109 今回はツアーでお金を払ってるので気が楽ですね。単に工場見せてって行くのは結構気が引けます。これは工房の中を見ているの図。ホコリっぽいのでエプロンを貸してくれました。(今はエプロンは貸してくれないらしいです。でも、このエプロン、ノベルティで売ったら結構売れそうな気がしません?)


Koa0001お世辞にも広い工場というわけではないのですが、工場の中に乾燥室があって、その中での記念撮影。普段はこのスペースで強制的に木材を乾燥させるわけです。で、この人たちが 13'th を名乗っている二人です。知らん間にえらくオヤジになってます。

koa0002 とりあえず、こんな感じで木材があって、のこぎりで裁断するわけです。

KoAlohaのウクレレは、Alvin Okami氏とその家族で作られています。悪くいうと家内制手工業ですが、非常にアットホームな雰囲気の中で作られています。Okami氏は日系人ということで、すごく親しみやすい感じです。

Koa0003 これはネックの材料。写真に写ってないのですが、色んな治具があって割と簡単そうにネックを切り出してます。

koa0004 側板を曲げる工程。お湯であたためてヒートガン(ドライヤーみたいな機械ね)で方を作っていくやりかた。

Koa0005 こんな感じで接着します。この時の治具(アクリルでできている)も写真で見て分かりますが、なんか新しい(見た目が)ですよね。

koa0006 乾燥中のボディ。 全般的に見てKoAlohaは割と近代的な作り方をしているような気がします。創業が1986年だそうで、比較的新しいメーカーで、Okami氏自身も治工具の開発に割と熱心らしいです。それが品質の安定に役立っているようで、個体差の少ない楽器を作っています。

Koa0007 四角い表面板に力木を接着してから、側板と接着して、はみ出した部分を切り取るわけですね。写真をよく見ると分かるかもしれませんが、KoAlohaの表面板は左右対称の木目になってないでしょ。ギターなんかは普通、2枚の板を中心で張り合わせると思うのですが、1枚板で作ってます。ウクレレぐらいの大きさならば左右対称っていうのにこだわらなくても問題ないらしいです。それより、接合面が無い方が良いということです。

koa0008 今回、案内してくれたのは Shiroさん。この人は次男のPaul Okami氏の奥さんです。日本からお嫁に行ったそうで、もちろん日本語で説明してくれました。この人はかなりお茶目です。

Koa0009 今回は一応、お金払ってるのでワイキキから送迎してもらえました。車で15分ぐらいかな。短い日程でハワイに来ている人にとってはとても嬉しい企画です。なんせ知らないところで移動するのって時間がかかりますから。

koa0010 この人がAlvin Okami氏(通称パパ)。昔はミュージシャンだったらしい。味のある人です。ウクレレを熱く語っていますが、パパは英語で喋るので私には少し難しかった。

写真は無いのですが、テナーウクレレの試作品を見せてもらいました。そのうち発売らしいですが、期待できますよ。

Koa0011 ブリッジを取り付けてるところ。ブリッジは治具で位置決めして接着剤をつけてネジ止めしています。ブリッジの剥がれを嫌ってネジ止めしているそうで、音への影響は無いと言っていました。確かに剥がれない方が良いに決まってます。合理的です。

koa0012 指板にフレットの溝を掘る工具。これなら均一に作れます。フレットの不正確な楽器ってたまにありますからね。なんか、こう言う工具を色々工夫しているのを見ると品質面へのこだわりを感じますね。

koa0112 お土産のキーホルダーを作ってるところ。KoAlohaのロゴ入りペグを使ったキーホルダーをお土産にくれます。自分でペーパーをかけて作るのですが、結構いい感じです。

Koa0013 パパと長男のAlan氏で一曲歌ってくれます。ウクレレを作ってる人が自らウクレレを弾いて歌ってくれるのを聞くと、パパのウクレレに対する考え方とか信念とか、そう言うのが伝わってくる気がしました。これは一見の価値があります。そしてウクレレが好きになります。
 さらにその後、パパの友達がウクレレ弾いたりとか色々あって楽しいひとときを過ごしました。

koa0113 最後に記念撮影。あと、写真は無いのですが、ファクトリーセカンドの販売もしています。ファクトリーセカンドと言っても、何かセカンドなのかよく分からないぐらい状態の良いものです。これ割安です。ウクレレを買ってかえりたい人はツアー料金払って来ても全然お得です。この日はコンサートスケールのものが無かったので私は買いませんでしたが、勢いで買ってしまいそうになります。


 正直な感想ですが。家族って良いですね。ものを作るって言う仕事は楽しいですね。スローライフに憧れますね。ここを訪れてそのように感じました。私も老後はハワイに移住したいです。

 KoAlohaの楽器に関してですが、以前に弾いた感じとは少し違っていました。前は仕上げとかあまり良くなかった印象があったのですが、今回見てみると仕上げもきれいですし、非常にしっかりした楽器になった気がします。とりあえずの方にもお勧めできると思います。


 このページの内容は2002年7月の内容をもとに書いています。これを見てハワイに行く人は事前に確認しましょうね。

Created by Huckle on Sep. 12, 2002.

Index | Prev | Next