13'th、 Kamakaへ行く



 Kamakaはウクレレ界の巨人ですよね。色んな意味で。

kam0001 Kamakaの工場はホノルル、ワードウェアハウスから歩いて10分ぐらいの所にあります。ワードウェアハウスはワイキキトロリーのレッドラインに乗って行けます。月曜から金曜の10:30にファクトリーツアーがあり、工場の中を見学させてもらえます。

kam0002 Kamakaの木材。工場の裏で自然乾燥させてます。ほんとに工場の裏っていう雰囲気で少し笑ってしまいましたが。

kam0003 側板の型押しのためのアイロン。この写真に写っている人が Mr. Chris Kamaka。当然、英語で喋る人なので英語の弱い私はちょっと辛かった。聞きたいことも聞けないし。でも、とても気さくな人です。ベースを弾くらしくて、日本にもベースを弾きに来て、ブルーノートとかで弾いてるらしいです。

kam0004 出荷直前のウクレレ。ちなみに、Kamakaは月産300本。フルオーダー制になってしまったらしいです。なので、ファクトリーセカンドと言うのも無いと言ってました。前は工場にいけばファクトリーセカンドが買えるって言われてたのですが、最近は人気が高いんでしょうね。

kam0005 これもアイロンですよね?

kam0006 四角いウクレレを弾くおやじ。こういうウクレレを売っても良いような気がします。安く作れそうだし。

kam0007 この人が多分、長老の職人の人。こういう姿を見ると、伝統を感じさせます。

kam0008 ちゃんと説明を聞けなかったのですが、ネックをつけてからヘッドを削るのかな。すごく疑問だったのですが、英語で聞けませんでした。

kam0009 正直に言うと、KoAlohaよりKamakaの方が職人的な感じがしました。悪く言うと工業化が遅れている感じ。より枯れたメーカーと言うイメージだと思います。どっちが優れているとかと言う意味ではなくて。どちらも個性があって良い楽器だと思います。

kam0010 これも出荷待ちの状態。一本ぐらい持って帰って良いよとかとは言ってくれません。昔聞いた話で、塗装されてないやつを工場で売ってもらって日本で塗装するとか、今では考えられないみたいですね。

kam0012 これは工場の表にあるショップの写真。置いてあるウクレレは見本で売ってくれません。オーダーメードで2か月ぐらいで手に入るらしいです。しょうがないので、私たちはKamaka Tシャツを買って帰りました。


 このページの内容は2002年7月の内容をもとに書いています。これを見てハワイに行く人は事前に確認しましょうね。

Created by Huckle on Sep. 12, 2002.

Index | Prev | Next