茶位幸信バイオリン・ギター工房訪問記



 先日(98/2)、茶位幸信氏のバイオリン・ギター工房へ行ってきました。私がギターを弾き始めてから随分永いのですが(その割には上手くならないという噂もあります)、今までギターを作っている現場を見た事はありませんでした。多分、行った事あるという方は少ないと思います。ちょっと珍しいものを見たような気になりましたので、雰囲気だけでも楽しんで頂こうと思います。

chai01 一応、ギターを作ってるところなので単純に見学に行くって言うのは多分迷惑なんでしょうが、楽器を買うつもりで行けば色々と相談に乗ってもらえるし、色々な楽器を弾いてみれるし、勉強になります。
 茶位のギターって言うのは楽器店とか一般の流通ルートにのっているのですが、工房まで行けばオーダーギターを作ることが出来ますし、在庫があれば気に入ったモノを持って帰れます。ちなみにウクレレも作っていて(写真は無いのですが)、私は桐のコンサートウクレレを買って帰りました。


chai02茶位さんの工房は東京の郊外、玉川学園の近所の住宅地の中にあります。かなり判りにくいところです。もし、行こうと言う方が居られたら事前に電話で詳しい道順を聞いてから行った方が良いです。

写真はギターを試奏する Seiji氏です。この人は良いギターを見ると目の色が変わります。特に木の材質とか木目とかにこだわるので、ギターをオーダー出来るというのは凄く魅力なんでしょうね。

chai03 この写真は側板を接着する治具だと思います。私達が行った日(土曜日)は、ギター製作教室の日だったみたいで、ギターを作りに来ている方が数人おられました。その製作教室って言うのがどういうものなのか詳しくは聞かなかったのですが、とりあえず、作り方を手取り足取りで教えてもらえるみたいですね。で、作りに来ていた人が写真のように治具を固定して帰るって言う事のようです。

chai04 これは Seiji氏のお気に入りになったアグアドモデルとサウンドホール飾りの見本です。実際に工房までギターを買いに行けば、いろいろなモデルを試奏させてもらえます。この日、私達が試奏したのは、アグアドモデル、ハウザーモデル、フレタモデル....と覚えてないのですが、微妙に違います。まあ、弾き較べてみると違いが判るのですが、そんなに大きくは違いません。ただし、材質によっての違いは結構大きいようで、表面板が杉とドイツ松では全然違う楽器になります(当然か?)。

chai05 さらにオーダーにすれば、飾りとかヘッドの彫刻とか、ボディの形とかネックの削り具合とかを事細かに指定することが出来ます。サウンドホールの飾りだけでも、写真のように数種類から選べます。例えば、表板はドイツ松で側板はハカランダでカッタウェイを入れて弦長は660mmで、とか。で、力木の入れ方で高音が出るようにとか。ちなみに、ピックアップも付けることが出来ますし、ネックにトラストロッドを入れることも出来るらしいです。

chai06 まあ、私の場合は楽器というのは(特にギターみたいな木で出来ている楽器は)、完成した実物を弾いてみないと怖くて買えません。実際に使った材質によって楽器として変わりそうな気がするからです。ただ、今回、試奏してみて、個体差(バラツキ)って言うのは、ほとんど無いと言うのが判りました。まあ、これは茶位さんが上手く作ってるからなのかもしれないですが。それと、実感したのは弾いてる間に音が変わってくるってことですね。仕舞ってあった楽器を出してきてしばらく弾いていると、徐々に鳴りが良くなってくるって感じですね。

chai07 写真はネックのストックです。ヘッドに彫刻を入れたりもしてくれるらしいです。個人的には、飾りが付いてるモノってあんまり好きじゃないんですけど、例えばイニシャルをインレイで入れてもらうとかってことも出来るみたいです。たまに、ヘッドにカタツムリみたいな(バイオリンみたいな?)巻きが入ってるギターとか有りますけど、そう言うのも交渉次第なんでしょうね、多分。般若の面を彫ってもらうとかね。

chai08 アグアドモデルとか、ハウザーモデルとかって、いろいろモデルが有ります。ご存じ無い方もいらっしゃると思いますが、それらは過去の有名な制作家の名前です。実際に過去の有名な楽器の中をあけて、力木の配列とかを調べるらしいです。中をあけた後は、また元に戻すのかどうかは聞かなかったのですが、とりあえず分解されたままになってる表面板が飾ってありました。

chai09 写真の中央に見えるのが、ラミレスの表面板の裏側です。ラミレスの特徴って言うのは、斜めになってる力木が、サウンドホールの下辺りで横の力木と交差しているところらしいです。写真ではよく判らないのですが、横の力木がトンネル上になっていて、斜めの力木は一本の長い力木になっているのです。

chai10 茶位さんのところは、バイオリン・ギター工房なんで、バイオリンも作っています。ただ、バイオリン、チェロに混ざってウクレレが並べて吊るしてあるところがなんとも親しみが湧きます(ここは一応、ウクレレのホームページなので)。

chai11 ギターがひととおり組み立てられて、塗装待ちになってる状態です。目止めが塗られて乾燥されてます。中央にソプラノギターが見えてますね。ゴンチチの三上さんがソプラノギターを弾いてたのですけど、そんなギター一体何処に行ったら有るんだろうと思って不思議に思ってたのですが、ここで作ってました。ちなみにゴンザレス三上さんは茶位さんのギターを使っていて、たまに買いに来るらしいです。で、買いに来ては茶位さんの古い年代のギターを探していくらしいです。

chai12 これは表面板のストックです。この中から好きな表面板を選んで...。と言うわけではありませんでした。と言うよりも、素人目で良さそうなモノを選んでも、それが楽器として優れた材質かと言うと、そんな事も無いみたいで。私の買った桐のウクレレは表面板にフシがあります。2本弾き較べてそちらの方が良かったので買ったのですが、ワケアリ品と言うらしいですね。フシが有ってもその部分を使うと言うのはそれなりの理由があるから、と言う事らしいです。真偽の程は定かではないのですが。

chai13 写真をよく見ると、ピックアップのプリアンプを付ける部分の穴が空いている奴やカッタウェイが入ってるギターがあるのがわかりますよね。最近は、そう言うのが人気が有るんでしょうね。根っからのクラシックギターの人だけが買うわけじゃ無さそうです。ちなみに、ソプラノギターとかアルトギターとかは合奏用が主な使い道で、某N堀ギターが主に買っていくらしいです。

chai14 これは関係ないのですが、茶位のご主人が作った蒸気機関車です。ホントに走る奴らしいです。こんなもん作るために工作機械を買ったりとかして大変だったって、夫人がぼやいてられましたね。



Created by Huckle on April 12 1998.

Index | Prev | Next