のこぎりのメンテナンス


■のこぎりのメンテナンス

 のこぎり自体は金属製品なので一般的な金属製品に対する取り扱い方で良さそうです。要するに錆びない様に気を遣うと言う事が大きなポイントになります。

 実際には弾いた後に手で触った部分をクロスで拭きます。で、たまに油を塗る訳です。油って言っても色々あるのですが、CRC5-56の様な揮発性の高い油を薄く塗っておくのが良いみたいですね。グリスのようにベトベトになりそうなものは薦められません。かつ、弓が当たるところは油分を残さない様しなければならないと Charlie Blacklock氏は言ってました。

 で、日常の手入れはそれぐらいで良さそうですが、錆びてしまった場合は、クレンザーの様なものとか、目の細かいサンドペーパーで磨く事になります。これは Charlie Blacklock氏のビデオで紹介されていますので間違いは無いと思います(失敗しても責任は取れませんが)。氏は、錆びたのこぎりを取り出して、スプレーオイルをたっぷりスプレーして、サンドペーパーでゴシゴシ擦ってました。ただ、ロゴが入ってるところを擦るとロゴが消えて悲しいので、そこはあんまり擦らない様にしようとかって言ってましたね。

■弓のメンテナンス

 あと、弓のメンテナンスですが、こちらはのこぎり本体よりもデリケートなようです。まず、弾き終わったら弓を緩めること。そして、弓の毛のほうは触らない事。手で触ると油分が付着してよろしくないらしいです。で、弾く前に松脂を塗ると言うことです。松脂はあんまりたくさん塗らなくても良いらしいです。白い粉が落ちないぐらい(バイオリンを弾いてるときにって事ですけど)で良いらしいです。

 弓は使っているうちに、毛が切れていきますし、伸びていきます。あんまり痛むと毛を張り替えることになります。私の場合は、まだそこまで行き着いていないので、毛を張り替えるのにどれぐらいのコストと時間が掛かるのかは解ってませんが。

 弓のメンテナンスに関して、私は佐々木ヴァイオリン製作工房のページを参考にさせていただきました。このページは文字通りヴァイオリンのページですが、ここのQ&Aのコーナーは、かなり充実していて読みごたえがあります。


Index | Prev | Next