更にのこぎりに必要なもの


 のこぎり本体の他に、のこぎりを弾くために必要なモノがあります。


■ハンマー

Hammer  のこぎりって言うのは弓で弾く事が一般的には多い様ですが、ハンマーで叩くって言う方法もあります。写真はのこぎりを買ったときにおまけでついてきたハンマーです。実際に見るとハンマーなんて立派なものではなくて、家内制手工業で作ったような素朴なものです。横山ホットブラザーズさんはマリンバのバチを使ってますね。


■弓

Bow  弓はチェロ用かバイオリン用のものを使うのが一般的らしいです。Charlie Blacklock氏は、チェロ用の弓が良いと言っている様です。私は安かったのでバイオリン用のものを買いましたが。多分、チェロ用のもののほうが短くて太いので良いと言うことだと思います。かつ、黒馬の毛が強くて良いらしいです。
 詳しくは知らないのですが、弓って言うのはピンキリらしくて、高いものは数万円から数十万円ぐらいするらしいですが、ここはのこぎりなんで、安いもので良いと思います。安い弓はグラスファイバーで出来ていて、馬のしっぽでは無く、化学繊維の毛が張ってあります。



■松脂

rogin  これは見落としがちなのですが、弓で弾く場合は弓に松脂を塗らないと音が出ません。私も、最初はそんな事には気付いてなくて、弓で擦ってみても全然音が 出そうに無くてしばらく考えた末に、そー言えばバイオリンを弾くときには松脂を塗るようなことを聞いたことがあったのを思い出して、楽器店に買いに行きました。


■ブレード・グリップ

Grip  のこぎりを弾くときは、刃の先端部を左手で持って、刃をS字型に曲げるのですがこれがなかなか握力を必要とします。そのために、刃の先端に取り付けて曲げやすくする為のグリップがあります。必ずしも必要なモノでもないとは思いますが、通販で買う人は一緒に買っておいて損はないような気がします。



Index | Prev | Next