のこぎりを入手する


 こののこぎりと言うものなのですが、普通はD.I.Y.ショップの様なところに行けば入手できるはずなのですが、これは本物ののこぎりです。多分、本物ののこぎり(西洋のこぎりに限定されると思いますが)でも、弾けると思われます。少し前の『アドリブランド』と言うテレビ番組(毎日放送って言う大阪のローカル局の番組です)でも、局のアナウンサーが東急ハンズへのこぎりを買いに行き演奏に挑戦するという内容の放送がありましたし。

 ただ、そうではなくて、音楽用ののこぎり(musical saw)と言うものが存在します。私の場合は、取り敢えず道具から入るほうなので、その様なものを入手するところから始めました。

 今のところ、日本では musical saw と言うものは広く出回っているわけではありません。少なくとも地元の大阪ではそんなモノを売っているのは見たことがありません(噂によれば、渋谷のヤマハに売っていたと言う話も聞いたことがありますが、こちらは未確認です)。で、色々と調べてみたのですが、U.S.のElderly Instrumentsと言う楽器店が通販をやっていて、そのカタログに musical saw が載っているのを発見しました。

 この Elderly Instruments は、通販に力を入れているようで、ホームページから申し込むとカタログをエアメールで送ってくれます。残念ながら、ホームページから直接オーダーは出来ませんが。

 と言うわけで私の場合は、そこから個人輸入をしました。手続きは至って簡単で、オーダーシートに欲しいものとクレジットカードの番号を書いて、Faxで送るだけです。まあ、運送料を自分で見積もって書かないといけないとかってのがあって、そんなにすらすらオーダー出来たわけでは無いのですが、その時に買ったものと金額を参考のために書いておきます。

Musical Saw (30inch)$52.30
Violin Bow$28.50
Musical Saw Blade Grip$18.00
Musical Saw Instructional Video$25.95

これプラス、送料が $23.02(郵便小包の船便)、手数料 $2.50 でした。船便なんで、注文してから到着するまでに1カ月強かかりました。航空便で送ってもらえば1週間ぐらいで着くと思われます、但し、送料がバカにならないと思いますが。


Saw Logo  これで送られてきたのは、Valley saw, Inc. の C.Blacklock special と言うのこぎりです。一緒に買ったインストラクションビデオを見て判ったのですが、Charlie Blacklock と言うのこぎりのプレーヤーが居て、その人がプロデュースしているモノの様です。この C.Blacklock special の場合で言うとサイズが4種類あります。

  • 26 inches
  • 28 inches, the "tenor" saw
  • 30 inches, the "baritone" saw
  • 36 inches

 私が買ったのは、30インチのモノですが、日本人の体格にはちょっと長いような気がします。構えたときに左手が伸びてしまって筋肉痛になりそうです。

 のこぎりのメーカーに関して言うと、この様な Musical Saw を作っているメーカーがこの他にも数社あります。さらに、鋼板からの取り方の分類で、Blade と Saw の2種類に分かれます。この辺の詳細な説明は The Musical Saw Home Page (後述)に記述がありますので、興味のある方はそちらを参照されるのが良いかと思います。



Index | Prev | Next