なぜ、ノコギリを弾くのか


Saw

 のこぎりの起源ですが、当然の事ながら木を切る為の道具として生まれたときに遡ります。この場合ののこぎりは当然の事ながら西洋のこぎりです。木こりのおじさんが山の中で酒を飲みながらのこぎりを叩いて音を出したって言うのが、楽器としてののこぎりと起源になっていると言うのが通説の様です。

 で、のこぎりを曲げて上手い具合に叩いたら、不思議なサスティーンのある音がでて、かつ、曲げ方によって音程が変わるというのは 12世紀頃から知られていたと言う事らしいです。

 その後、時は流れて、20世紀初頭になってから、フランス、スウェーデン、U.S. で、これを楽器として作るようになっています。最初のうちは、とにかく叩いてたんだと思われますが、現代ののこぎり音楽の世界では、弓で弾くのが一般的になっているようです。

 私がのこぎりを好きになった理由ですけど。これは、のこぎりの音の独特の浮遊感が気持ちよかったからですね。最初に(横山ホットブラザーズ以外で)聞いたのは『ポルタメンツ』(TiTi松村氏のユニット)のライブですが、この時にテルミンと競演するのこぎりを聞いて引き込まれてしまったわけです。ちなみに、この時にのこぎりを弾いていたのは日本のこぎり界の第一人者の 都家歌六 師匠でした。



Index | Prev | Next